放射線療法によるガンの治療について

放射線治療とも呼ばれる放射線療法とも呼ばれますは、放射線を使用してがん細胞を殺し、腫瘍を小さくするがんの治療法です。低線量の放射線診断に関しては、放射線を使用して、歯や骨折の状況をX線のように確認することに用いられます。

放射線療法ってどんなものなの?

大まかな内容を分かりやすく説明した動画を作成いたしました。
まったく放射線療法に関してわからないという場合は是非見てみて下さい。

がんに対する放射線療法の効果

放射線療法ではがん細胞を殺すか、がん細胞のDNAに損傷を与えることによってがん細胞の増殖を遅らせます。
DNAが修復できないほど損傷しているがん細胞は、分裂を停止するか死んでしまいます。死んでしまったがん細胞は、他の細胞によって破壊され体から取り除かれるため、無害化するのです。

放射線療法は癌細胞をすぐには殺すという訳ではありません。がん細胞が死んでしまうのに必要なくらいDNAが損傷するまでには、数日から数週間の治療が必要になります。

放射線療法の種類

放射線療法には、主に外部照射と内部照射の2つのタイプがあります。

受ける可能性のある放射線療法の種類は、次のような症状により変わってきます。

  • がんの種類
  • 腫瘍の大きさ
  • 体内の腫瘍の位置
  • 腫瘍の状態
  • あなたの健康と病歴
  • 他の種類のがん治療を受けるかどうか
  • 年齢やその他の病状

外部照射療法

外照射療法は、がんに放射線を照射する機械から行われます。機械は大きく、うるさいかもしれません。
直接体に干渉することはありませんが、あなたの周りを動き、多くの方向から患部に放射線を発射します。

外照射療法は局所治療であり、体の1部分の治療に利用されます。肺にがんがある場合、全身ではなく胸部にのみ放射線が照射されますといった感じです。

 

内照射療法

内照射療法は、放射線の発生源を体内に入れる治療法です。放射線発生源は、固体または液体です。

個体を使う内照射療法は、近接照射療法と呼ばれ ます。このタイプの治療では、放射線を含むリボン、またはカプセルを、体内腫瘍の近くに置きます。外照射療法と同様に、近接照射療法も局所治療であり、身体の特定の部分のみを治療します。

液体を使う内照射療法は全身療法と呼ばれます。全身性とは、治療が血液中の全身の組織に伝わり、がん細胞を探して殺すような治療法です。

全身放射線療法では、尿、汗、唾液などの体液がしばらくの間放射線を放出するようになります。

がん患者が放射線治療を受ける理由

放射線療法は、がんの治療とがんの症状の緩和に使用されます。

がんの治療に放射線療法を使用すると、がんの治癒、再発防止、進行の停止または遅延等の効果が見込めます。

症状を緩和するために治療法する場合は「緩和療法」と呼ばれます。外部照射により、腫瘍が縮小することで、痛みや、呼吸困難、腸や膀胱などの生体器官の喪失など、腫瘍によって引き起こされる症状が治療される可能性があります。骨に転移したがんによる痛みは、放射性医薬品と呼ばれる全身放射線療法薬で治療が見込めます。

放射線療法で治療されるがんの種類

外部照射療法は、さまざまな種類のがんの治療に使用されています。

近接照射療法は、頭頸部、乳房、子宮頸部、前立腺、および眼のがんの治療に最もよく使用されます。

放射性ヨウ素またはI-131 と呼ばれる全身放射線療法は 、特定の種類の甲状腺がんの治療に最もよく使用されます。

標的化放射性核種療法と呼ばれる別の種類の全身放射線療法は、進行した前立腺がんまたは胃腸膵神経内分泌腫瘍 (GEP-NET)を患っている一部の患者の治療に使用され ます。このタイプの治療は、分子放射線療法とも呼ばれます。

放射線と他のがん治療の併用

一部の人にとって、放射線療法が唯一必要な治療法となる場合があります。
しかし、ほとんどの場合、手術療法、 化学療法、免疫療法など、他のがん治療とともに放射線療法を受けます。
これらの他の治療の前、最中、または後に放射線療法を行い、治療の成功率を高めることができます。
放射線療法を実施する時期は、治療するがんの種類と、放射線療法の目的が「がんの治療であるか症状の緩和であるか」により異なります。

放射線と手術を組み合わせるケース

手術の前に、がんのサイズを小さくして、手術でがんを取り除き、再発しにくくすることを目的とする場合。
手術中、皮膚を切り開かずにがんに照射します。この方法で使用される放射線療法は、術中放射線と呼ばれます。この技術により、医師はガン周辺の正常組織を放射線から保護できます。

生涯線量制限について

生涯にわたってあなたの体が受けても安全放射線の量には限界があります。過去に治療で受けた放射線量によっては、その治療部位に対する2回目の放射線治療を受けられない場合があります。
しかし、過去の患部がすでに安全な生涯線量の範囲内であれば、2つの患部の距離が十分にあれば、新しい患部も治療を受けられる可能性があります。

放射線療法は副作用を引き起こす可能性について

放射線は、がん細胞を殺したり、増殖を遅らせるだけでなく、近くの健康な細胞にも影響を与える可能性があります。健康な細胞への損傷は副作用を引き起こす原因となります。

放射線療法にかかる費用

放射線療法は高価になる可能性がありますが、日本国内では保険適用を受けることができるケースがかなり増えたため、諸外国よりも負担額は少なく済みます。放射線療法の正確な費用は、あなたが住んでいる地域の医療費、得られる放射線療法の種類、および必要な治療の回数によって異なります。

医師の指示のもと内容を確認しましょう。

特別な食事療法の必要性

放射線は、吐き気、口内炎、食道炎と呼ばれる喉の問題など、食事がとりづらくなる副作用を引き起こす可能性があります。放射線療法では体が治るのに多くのエネルギーを使用するため、治療中は体重を維持するのに十分なカロリーとタンパク質を摂取することが重要です。

食事や体重の維持に問題がある場合は、医師または看護師に相談してください。栄養士と話すのも役立つかもしれません。

放射線療法中に働けるの?

多くのケースでは、放射線療法中にフルタイムで働くことができます。しかしながらパートタイムでのみ働くことができる場合や、まったく働けませんケースもあります。どれだけ仕事ができるかは、治療の内容やあなたの気持ちによる部分も大きいのです。医師または看護師に、受けられる治療内容と術後経過に合わせて相談してみて下さい。

放射線治療を始めたとき、あなたは仕事ができるぞ!と問題なく感じるかもしれません。
しかし、時間が経つにつれ、疲れを感じたり、エネルギーが足りなかったり、体力が低く感じてしまっても驚かないでください。治療が終了したとしても、回復までに数週間~数か月かかる場合もあります。

そして放射線療法中に、気分が悪くて働けなくなることがあります。
医療休暇を取得できるかどうかについて、事前に職場とも相談する事をオススメします。医療休暇中に医療保険で治療費が支払われることも確認しておきましょう。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP